作業者

風呂釜を交換するなら専門業者に相談しよう

ゆっくり浸かって疲労回復

浴槽

オーダーメイドで節約

近年見直されてきていることの一つにあるのが、風呂に浸かるという習慣です。入浴する習慣は他の国にもありますが、日本ほどじっくり浸かるという習慣を持つ国はありませんでした。最近になってその習慣が体に良い影響を与えることが、分かってきたのは嬉しいことです。何といっても風呂に浸かることで、一日の疲れが軽減され血行も良くなるのですから良い習慣であるのは確かではないでしょうか。しかし忙しい現代において、折角湯を溜めても家族が効率よく次々と入れるとは限りません。そうなると追い炊き機能がついていない風呂の場合は、湯の温度が冷めてしまうのです。そこでお勧めしたいのが、風呂ふたをオーダーメイドで注文するということです。風呂ふたは浴槽の形状に合っていないと、保温という目的を果たすには性能不足になります。少しでも隙間が空いていればそこから外気に触れて、湯の温度はあっという間に下がってしまうでしょう。しかしオーダーメイドの場合は、折り畳み式や、組み合わせ式、ウェーブ型というように風呂ふたの形状さえも注文できるのです。浴槽に溜められた湯を覆う風呂ふたは、水蒸気にあてられるので水滴がつきます。どんなに気をつけていたとしても、湿気にやられてカビが生えてしまい主婦を困らせてしまう結果になるのです。これは多くの主婦が経験済みで、このカビがきっかけとなり風呂ふたを諦めた人もいるでしょう。しかし風呂ふたを使用することで確実に、保温性を上げてくれるので家計も助けてくれます。カビ対策としては抗菌・防カビ加工をしてもらいましょう。そしてカビや汚れがついた時には、入り終えた湯の中に重曹を200グラム入れて風呂ふたを一晩つけておいてください。重曹は別名が炭酸水素ナトリウムと呼ばれる、弱アルカリ性の無機物ですのでそのまま水で洗い流せばよいだけです。